2012年12月26日

エヴァのスタンプラリー

001_convert_20121216120405.jpg002_convert_20121216120514.jpg
 大ヒット中の映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」(11月17日公開)の興行収入が早くも前作「新劇場版:破」の最終成績40億円を超えて、現在44億円を突破したそうです。
 ちなみに、2012年に公開された映画の興行収入(日本)上位10作品は12月18日現在、次の通りのようです。
 ▽1位=「BRAVE HEART 海猿」73億円(7月13日公開)
▽2位=「テルマエ・ロマエ」59・2億円(4月28日公開)
▽3位=「踊る捜査線 THE FINAL新たなる希望」58・2億円(9月7日公開)
▽4位=「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」43億円(11月17日公開)
▽5位=「おおかみこどもの雨と雪」42億円(7月21日公開)
▽6位=「バイオハザードV リトリビューション」38・6億円(8月17日公開)
▽7位=「アベンジャーズ」36・2億円(8月17日公開)
▽8位=「映画ドラえもん のび太と奇跡の島」35・7億円(3月3日公開)
▽9位=「劇場版ポケットモンスター ベストウィッシュ」35・2億円(7月14日公開
▽10位=「名探偵コナン 11人目のストライカー」33・1億円(4月14日公開)

こうして見てみますと、トップ10にアニメ作品が5本もランキングされています。さらに、12月15日に公開された人気アニメ「ワンピース フィルムZ」の興行収入が現在、早くも30億円突破し、最終興収が70億円を超えるのではないかといわれています。アニメ強しです。
 ところで、エヴァの舞台として一躍注目を集めるようになった観光地の箱根町では、映画公開にあわせてエヴァグッズが当たるスタンプラリーをやっています。観光施設6か所にスタンプが設置されており、このうち4か所で押せばマリが描かれたクリアファイルが箱根湯本のエヴァショップでプレゼントされるそうです。期間は来年2月28日まで。
箱根には劇中に登場する景色や地名があり、冬休みは聖地巡礼の旅を楽しむのもいいかも。
(文=フリーライター森昇一)

posted by 森昇一 at 07:21| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。