2012年12月30日

「007スカイフォール」が世界で大ヒット

 全世界で爆発的な大ヒットとなった「007」シリーズの生誕50周年記念作品となる第23作「スカイフォール」を観てきました。
 私の場合、ジェームズ・ボンドは3代目ボンド役のロジャー・ムーアのイメージが根強く残ってしまったせいか、第21作からボンドを演じる6代目のダニエル・クレイグがなかなか007に見えないというトラウマが続いていますが、それでも面白かったです。
 今作はシリーズ最高傑作の呼び声が高く、興行収入もシリーズ史上最高となりました。全シリーズの全世界興行収入を調べてみましたら、次の通りでした。
 ▽「ドクター・ノオ」(1962年公開)=5960万ドル
 ▽「ロシアより愛をこめて」(1963年公開)=7890万ドル
 ▽「ゴールドフィンガー」(1964年公開)=1億2490万ドル
 ▽「サンダーボール作戦」(1965年公開)=1億4120万ドル
 ▽「007は二度死ぬ」(1967年公開)=1億1160万ドル
 ▽「女王陛下の007」(1969年公開)=8740万ドル
 ▽「ダイヤモンドは永遠に」(1971年公開)=1億1600万ドル
 ▽「死ぬのは奴らだ」(1973年公開)=1億6180万ドル
 ▽「黄金銃を持つ男」(1974年公開)=9760万ドル
 ▽「私を愛したスパイ」(1977年公開)=1万8540万ドル
 ▽「ムーンレイカー」(1979年公開)=2億1030万ドル
 ▽「ユア・アイズ・オンリー」(1981年公開)=1億9530万ドル
 ▽「オクトパシー」(1983年公開)=1億8750万ドル
 ▽「美しき獲物たち」(1985年公開)=1億5240万ドル
 ▽「リビング・デイライツ」(1987年公開)=1億9120万ドル
 ▽「消されたライセンス」(1989年公開)=1億5616万ドル
 ▽「ゴールデン・アイ」(1995年公開)=3億5219万ドル
 ▽「トゥモロー・ネバー・ダイ」(1997年公開)=3億3301万ドル
 ▽「ワールド・イズ・ノット・イナフ」(1999年公開)=3億6183万ドル
 ▽「ダイ・アナザー・デイ」(2002年公開)=4億3197万ドル
 ▽「カジノ・ロワイヤル」(2006年公開)=5億9423万ドル
 ▽「慰めの報酬」(2008年公開)=5億8609万ドル
 ▽「スカイフォール」(2012年公開)=9億7427万ドル

 シリーズ史上ぶっちぎりの大ヒットとなっているのが分かります。お膝元のイギリスでは国内史上最高の興行成績を記録したそうです。全世界歴代映画の興行収入でも現在15位となっています。ダニエル・クレイグは25作目までのボンド続投が決まっているそうです。
(文=フリーライター・森昇一)
posted by 森昇一 at 16:53| 東京 ☔| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。