2013年03月12日

キャビン

ホラー映画のキャビンを観てきました。
以下ネタバレになるのでご注意下さい。
アメリカでは斬新な作り、展開が読めないストーリーと絶賛されていたので大いに期待して観ました。初めは若者五人が湖の側にある別荘に遊びに出掛けるというあまりにベタな展開。ただ同時進行でその若者達を謎めいた施設の所員達が衛星カメラを使ってみているんです。その様子が覗き見してみんなで盛り上がっているノリなんです。若者達のセックスシーンの時は勿論、怪物に殺されるシーンでも。ここまで観てラストに何かとんでもないどんでん返しがあるのかと予想しました。しかしそんな予想なんてどこ吹く風で、若者達は次々と殺され事態は悪化していきます。若者達のうち残った二人がその施設に逃げ込んでわかるのですがありとあらゆる種類のモンスターが地下にある透明のキューブに閉じ込められているのです。この光景は異様です。更に驚くのはかこのモンスター達が施設内に飛び出してきます。若者達を狙ってというよりそこらにいる人間を片っ端から殺していきます。当然衛星カメラで若者達を観ていたあの所員達も例外ではありません。ここまで観て確かにラストの展開は予想できませんでした。このあとクライマックスに突入していきますが多分観た人みんながラストは予想出来ないと思います。興味のある人はぜひ観て下さい。
色々と突っ込み所はあるのですがテンポがいいので気にならないと思います。
映画をリアルチャンネルと考えたらホラー映画を観ている人は私も含めてちょっとお下劣な人種だなとうなだれてしまいました。
posted by 藤安堂蔵山 at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。