2013年02月20日

脳男

今邦画でヒットしている「脳男」を観てきました。
これはやられました。
予告編を見たとき、「これは観たい」と思ったのですが、事前に読んだ映画評では賛否両論だったので、私も
平常心になりました。
これがよかった。
とにかく邦画はがんばってます。
原作は乱歩賞の「脳男」なので土台に関しては問題ない。
あとは脚本と演出ですが、きちんと見せてます。
時々説明ゼリフや説教ゼリフがあって興ざめするところもありますが、
それを差し引いても観るに耐える作品でした。
主演の生田斗真が非常に役に徹しています。
何しろ瞬きしません。これは実は非常につらいことなんです。私も経験があります。20秒まばたきしないで
いたら必ず涙がでてきます。でも彼は編集の妙かもしれませんがまったくそんな片鱗を見せません。
それとネタバレになりますがラストシーン、これは原作にないそうです。
映画用に新しく書き下ろしたようで、ここにやられました。
原作は未読ですが、映画だけでも楽しめます。
まあ、犯人が典型的なブッ飛んだキャラでちょっと工夫を欲しいところもありますが
余裕があればぜひ見て欲しい作品です。
posted by 藤安堂蔵山 at 23:50| 東京 ☁| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

「007スカイフォール」が世界で大ヒット

 全世界で爆発的な大ヒットとなった「007」シリーズの生誕50周年記念作品となる第23作「スカイフォール」を観てきました。
 私の場合、ジェームズ・ボンドは3代目ボンド役のロジャー・ムーアのイメージが根強く残ってしまったせいか、第21作からボンドを演じる6代目のダニエル・クレイグがなかなか007に見えないというトラウマが続いていますが、それでも面白かったです。
 今作はシリーズ最高傑作の呼び声が高く、興行収入もシリーズ史上最高となりました。全シリーズの全世界興行収入を調べてみましたら、次の通りでした。
 ▽「ドクター・ノオ」(1962年公開)=5960万ドル
 ▽「ロシアより愛をこめて」(1963年公開)=7890万ドル
 ▽「ゴールドフィンガー」(1964年公開)=1億2490万ドル
 ▽「サンダーボール作戦」(1965年公開)=1億4120万ドル
 ▽「007は二度死ぬ」(1967年公開)=1億1160万ドル
 ▽「女王陛下の007」(1969年公開)=8740万ドル
 ▽「ダイヤモンドは永遠に」(1971年公開)=1億1600万ドル
 ▽「死ぬのは奴らだ」(1973年公開)=1億6180万ドル
 ▽「黄金銃を持つ男」(1974年公開)=9760万ドル
 ▽「私を愛したスパイ」(1977年公開)=1万8540万ドル
 ▽「ムーンレイカー」(1979年公開)=2億1030万ドル
 ▽「ユア・アイズ・オンリー」(1981年公開)=1億9530万ドル
 ▽「オクトパシー」(1983年公開)=1億8750万ドル
 ▽「美しき獲物たち」(1985年公開)=1億5240万ドル
 ▽「リビング・デイライツ」(1987年公開)=1億9120万ドル
 ▽「消されたライセンス」(1989年公開)=1億5616万ドル
 ▽「ゴールデン・アイ」(1995年公開)=3億5219万ドル
 ▽「トゥモロー・ネバー・ダイ」(1997年公開)=3億3301万ドル
 ▽「ワールド・イズ・ノット・イナフ」(1999年公開)=3億6183万ドル
 ▽「ダイ・アナザー・デイ」(2002年公開)=4億3197万ドル
 ▽「カジノ・ロワイヤル」(2006年公開)=5億9423万ドル
 ▽「慰めの報酬」(2008年公開)=5億8609万ドル
 ▽「スカイフォール」(2012年公開)=9億7427万ドル

 シリーズ史上ぶっちぎりの大ヒットとなっているのが分かります。お膝元のイギリスでは国内史上最高の興行成績を記録したそうです。全世界歴代映画の興行収入でも現在15位となっています。ダニエル・クレイグは25作目までのボンド続投が決まっているそうです。
(文=フリーライター・森昇一)
posted by 森昇一 at 16:53| 東京 ☔| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

エヴァのスタンプラリー

001_convert_20121216120405.jpg002_convert_20121216120514.jpg
 大ヒット中の映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」(11月17日公開)の興行収入が早くも前作「新劇場版:破」の最終成績40億円を超えて、現在44億円を突破したそうです。
 ちなみに、2012年に公開された映画の興行収入(日本)上位10作品は12月18日現在、次の通りのようです。
 ▽1位=「BRAVE HEART 海猿」73億円(7月13日公開)
▽2位=「テルマエ・ロマエ」59・2億円(4月28日公開)
▽3位=「踊る捜査線 THE FINAL新たなる希望」58・2億円(9月7日公開)
▽4位=「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」43億円(11月17日公開)
▽5位=「おおかみこどもの雨と雪」42億円(7月21日公開)
▽6位=「バイオハザードV リトリビューション」38・6億円(8月17日公開)
▽7位=「アベンジャーズ」36・2億円(8月17日公開)
▽8位=「映画ドラえもん のび太と奇跡の島」35・7億円(3月3日公開)
▽9位=「劇場版ポケットモンスター ベストウィッシュ」35・2億円(7月14日公開
▽10位=「名探偵コナン 11人目のストライカー」33・1億円(4月14日公開)

こうして見てみますと、トップ10にアニメ作品が5本もランキングされています。さらに、12月15日に公開された人気アニメ「ワンピース フィルムZ」の興行収入が現在、早くも30億円突破し、最終興収が70億円を超えるのではないかといわれています。アニメ強しです。
 ところで、エヴァの舞台として一躍注目を集めるようになった観光地の箱根町では、映画公開にあわせてエヴァグッズが当たるスタンプラリーをやっています。観光施設6か所にスタンプが設置されており、このうち4か所で押せばマリが描かれたクリアファイルが箱根湯本のエヴァショップでプレゼントされるそうです。期間は来年2月28日まで。
箱根には劇中に登場する景色や地名があり、冬休みは聖地巡礼の旅を楽しむのもいいかも。
(文=フリーライター森昇一)

posted by 森昇一 at 07:21| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。